雨が続きますね。

錦秋の候、皆様におかれましては毎日ご健勝にてお過ごしのことと存じます。
 
さて、秋晴れも束の間、今年の秋は雨が多いような気がします。
秋雨もそろそろ食傷気味の今日この頃、爽やかな気分になれる日が今一つ少ないような…
休日が雨だとお出掛けも少なくなり、家で過ごされる事も多くなるのではないでしょうか。
 
そんな時は普段出来ない片付けや衣替えの機会と捉えるのも一つかもしれません。
 
そこで、雨の日に収納をするときのコツですが、
 
・除湿に気を付ける事
夏の衣類等をしまう際、除湿剤を使用される方は多いと思いますが、部屋の湿度も下げてからの方が
より効果が高くなります。しまう時だけでも、除湿機やエアコンを使用されると良いと思います。
 
・手際良く時間を決めて片付ける事
いざしまおうと思っても、クローゼットや衣装箱を目の前にしてどこにしまおうかと迷われる方は
少なくないと思います。すると何時までも片付かない状態が続く事になり、幾ら時間があっても
足りません。何時までにこれだけの作業を終わらす、と決めてから取りかかると、片付けている時は
少々大変であっても、多少時間が過ぎても、大体終わらせる事が出来ると思います。
 
・使う当ての無いモノや、いつか着るかもしれない衣類等は思い切って捨てる事
これは経験から申し上げたいと思いますが、何年後に使う、という場合は別ですが、
当ては無いけど使うかもしれない、何時か分からないけど着るかもしれない…といった、
「~かもしれない」と思える物はまず使わない(着ない)事の方が多いです。
結果、箪笥の肥やしになる事の方が多いのではないでしょうか。
思い切って捨ててしまう事で、気分的にすっきりしますし、空間だけでなく精神的にも
余裕が出来るのではないかと思います。
 
以上、大まかではありますが、ポイントとなるところを申し上げました。
皆さまにとって既にご存知でいらっしゃる内容かとは思いますが、何らかのご参考になれたら幸いです。
 
寒暖の差が激しいので、くれぐれも風邪等召されないよう、ご自愛下さい。
(2017.10.15)

家政婦さんをご利用されたい方へ、最近の状況について

暑い日と涼しい日が交互にやってくる今日この頃、皆様におかれましては毎日お元気でお過ごしのことと存じます。

さて、家政婦さんをご利用されたいとのお申し込みを頂戴し、大変感謝しております。
しかし、ご紹介に至るまで、ここのところお時間を頂く事が多くなってまいりました。
その理由は様々なのですが、ご迷惑をお掛けし、申し訳なく思っております。
弊社の力不足を痛感しております…

ご期待に沿う事が出来ない事もあるかもしれませんが、出来る限り条件に適合する方を
ご紹介出来るように引き続き努めてまいります。

何かお気づきの点がございましたらお手数でも御一報頂けたら幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
(2017.09.20)

猛暑対策

暑い日が続きますが、皆様におかれましては毎日お元気でお過ごしのことと存じます。

さて、8月中旬までは梅雨の様な陽気でしたが、後半に入ってからは暑い日が戻って来ましたね。
暦の上では残暑ですが、二回目の夏が来たように思います。
暑さが苦手な管理人は、昨年より暑さが厳しくなっているように感じています。
夏をどう乗り切るかは悩みどころですね。
部屋を涼しくする為にエアコンをつけっぱなしにしておくのは電気代がかさむだけでなく、体にもあまり良い影響を与えません。
だからと言ってエアコンを全くつけずに過ごすのも、体力を消耗する為あまりお勧め出来ません。

皆様既に色々対策を取られていらっしゃるかと思いますが、部屋を効率よく涼しくする為には、遮光カーテンやすだれを利用し、室外機に日除けカバー等を設置するだけでかなり効果的に冷やす事が出来ます。出来ればエアコンも使用する前に清掃をすると更に効果が期待できるようです。
エアコンなしでも過ごせるように、グッズを利用する事も一つの手です。寝苦しい時にはネッククーラーや冷却シートがお勧めです。
就寝前にはシャワー浴でなく、お風呂に入って温まり、寝る前にクールダウンする事で良く寝られるようです。
また、夏バテ予防にはやはりきちんと食事をとる事が肝要との事です。

以上、知っている限りの事を記載させて頂きましたが、少しでもご参考になれば幸いです。
体調には十分気をつけて頂き、どうぞこの時期を乗り切って下さい。
(2017.08.27)

ウェブサイトを全面リニューアル致しました。

弊社ウェブサイトを全面リニューアル致しました。
以前の内容より見やすく利用しやすいように心掛けましたが、
分かりづらい箇所がありましたら御指摘頂けますと幸いです。
適宜更新してまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
(2017.07.22)

新年明けましておめでとうございます

謹 賀 新 年

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。
なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。

素晴らしい年となられますよう、皆様のご多幸とご健康、そして益々のご発展を心よりご祈念致します。
(2017.01.01)